キャッシングとカードローンの違い|突然の出費に対応する

カードローンでお金の悩みを解決

必要書類について知る

クレジットカード

キャッシングやカードローンの申し込みをWEBから行なう際には、本人確認書類や希望借入金額に応じて収入証明書類が必要となります。外国籍の方に関しては、「在留カード」または「特別永住者証明書」も必要になるで注意しましょう。

もっと読む

借入限度額や利率について

硬貨

大手消費者金融会社におけるカードローンの借入限度額や借入利率、毎月の返済期日及び返済方法、返済期間・回数はカードローンを利用する際にしっかりと把握しておきましょう。

もっと読む

返済計画を立てる

紙幣と電卓

カードローンを利用するのであれば、綿密な返済計画を立てておく必要があります。大手消費者金融会社であれば、ホームページに返済シミュレータを設けている他、店頭窓口にて適切なアドバイスを提示してくれるでしょう。

もっと読む

消費者金融会社からの融資

クレジットカード

急遽お金が必要になった場合、消費者金融が実施しているキャッシングやカードローンを利用することによって必要な金額だけ融資を受けることができるでしょう。多くの人は、キャッシングやカードローンという言葉を耳にしたことがあるけれど、その違いについては知らないものかと思います。それぞれの利用方法は同じですが、異なる点としては返済方法が挙げられるでしょう。一般的に、キャッシングは一括返済、カードローンは分割払いによる返済が行われます。つまり、翌月の給与でまとめて返済できるような小口融資であればキャッシング、長期間掛けて返済を続けなければならないような大口融資ならカードローンとなるのです。キャッシングかカードローン、どちらの方法で融資を受けるべきか悩んでいるのであれば、自身の返済計画に適した方法を選ぶと良いでしょう。

小口融資はキャッシング、大口融資はカードローンと記載しましたが、キャッシングであっても大口融資を受けることが可能です。また、その返済方法も分割払いとして指定することができます。しかし、分割払いを行なう時には、月々の返済額に加えて利子額を支払わなければなりません。キャッシングの利子額は、カードローンの利子額に比べて割高な場合が多いのです。どちらを利用するにしても、賢く利用することによって突然の出費を切り抜けることができます。ただし、キャッシングやカードローンを利用するためには、消費者金融会社が行なう「審査」を通過しなければなりません。基本的に、審査は簡単に通過することが可能です。しかし、資金使途がギャンブルである等、返済能力が疑われるような点が見つかった際には審査を通過することができませんので注意しましょう。