キャッシングとカードローンの違い|突然の出費に対応する

男性

必要書類について知る

クレジットカード

消費者金融会社のキャッシング・カードローンを利用する時には、いくつかの書類が必要になります。その書類というのは、キャッシング・カードローンの申し込み方法によって異なりますが、基本的にどの書類も簡単に用意することができます。ここでは、その用意すべき書類について知っていきましょう。まずは、WEB申し込みを行なう際に用意しておくべき種類についてです。WEB申し込み時に必要となる書類は、本人確認書類及び収入証明書類の二つになります。その内、収入証明書類は希望借入金額によっては必要ありません。本人確認書類は運転免許証やパスポートのことを指します。それらを所有していない場合、健康保険証と住民票を合わせて用意し、店頭窓口で申し込みを行なう必要があります。

日本国内に住む数多くの人の中には、外国籍の方もいるでしょう。もし、外国籍の方がキャッシング・カードローンの申し込みを行なうのであれば、先ほど記載した本人確認書類に加え「在留カード」または「特別永住者証明書」を用意しなければなりません。最後に、収入証明書類についてです。収入証明書類は、希望借入金額が50万円を超える利用者に限り必要となる書類です。また、既に他社のキャッシング・カードローンを利用している場合で、その借入金額の残額とこれから借り入れる希望借入金額の合計が100万円を超える場合にも、収入証明書類が必要になります。収入証明書類が必要になった時には、最新の厳選徴収票もしくは確定申告書のどちらかを用意しておきましょう。源泉徴収票や確定申告書が無ければ、給与明細書と1年分の賞与明細書を合わせて用意しておけば大丈夫です。賞与明細書が無ければ、直近2か月分の給与明細書だけでも問題ありません。